会津慶山焼
ろくろがまわる
いらっしゃいませ!
あなたは1998年12月24日
クリスマスイブより

人目の陶芸家です。

伝統を大切に受け継ぎ
使い勝手のよいシンプルな器をつくり続けております

  

2016. 5.20  慶山焼・曲山貴子です。

五月晴れの爽やかな朝です。 ひんやりする空気と、ぴっりっとした陽射しが とても心地よくて、修学旅行で市内を散策している生徒さんたちも、 運動会のように元気に走る姿が見られます。
今日は24節気のひとつ「小満」。植物が生い茂り、生命力に満ち溢れる頃にあたるそうです。暦どおりに会津名産の「高田梅」も目立つくらいに膨らんできましたよ。


もくじ"
陶芸教室
工房
■ 慶山焼のネット・ギャラリー ねぎゃら  
■  陶芸教室 自分の作品につつまれた生活
■ 学生のみなさんはこちらへどうぞ  体験学習
■ 工房 企業秘密満載 
■ 慶山焼はどこかな? 地図
■ お問合せ お手紙ピュー
ねぎゃら
体験学習


慶山焼へようこそ
  5月 * 初夏のやさしい器 *
急須、桜紋煎茶碗

五月の始め、会津の山々は萌木色に
山桜がぽちぽち色づく個性豊かな風景が広がります。
これから田植えが始まり、
さらに緑の色が町を染める穏やかな季節。
天然の釉薬から色付けた
初夏の優しい器のご提案です。

ビールカップ

 【 急須・桜紋煎茶碗 】
うるう年の今年は5月1日が八十八夜にあたります。
お茶の産地では 心のどかに茶摘みの頃でしょうか・・・。
お茶は熱々渋めも粋ですが、
この時季は ぜひ湯冷ましをかけ、ゆっくり淹れた
新茶のさわやかな風味がよろしいですね。
茶器は 瑞々しい 灰透明の釉薬へ衣更え、
鮮やかな新茶の色をお楽しみいただけますように。


 【 ビールカップ 】
鯉のぼりが ぐんぐん泳ぐ
五月晴れの青空みたいな ブルー釉のビールカップ。
ビールも ぐびぐび喉を流れて込んできそうです(笑)。
ビールの美味しい季節がやってきましたね。
こちらの形は花瓶からヒントを得た、転倒しにくく 足元のしっかりしたつくり。
くびれの位置に指の掛かりがよく、泡立ちのよい口元の広がり。
ほろ酔いさんにも優しい形です。





 【 かぶ絵 飯碗 ・ 吹墨 飯碗 】

かぶ絵には
「かぶ(株)が上がる」、「家運繁栄」など
縁起物としての云われがあり
古くからやきものに描かれてきました。
慶山焼ではかぶ絵の大皿や大鉢などを制作しておりますが、
葉が青々と繁り、ふっくらした かぶは
絵柄としても かわいらいらしくて
今回、工房に頼んで かぶ絵の飯碗もつくってもらいました。
ご飯を残さずいただくとお茶碗の底に現れる
赤かぶに 心もほっこり。
今日もおいしいご飯をありがとう、
お母さんに感謝。

かぶ絵飯碗・吹墨飯碗
◆お店から季節の器のご提案バックナンバーはこちらからどうぞ。

その昔、鶴ヶ城の瓦を焼いていた事がはじまりであるこの慶山焼。
今も、私たちの作品は、一品一品、手で作っております。
手にもってしっくりいく感じ、作り手の技と心が
しみじみと伝わりゆくようなものだけを作り続けております。

それは美術品や飾りものではなく、
生活にゆとりや潤いを持たせてくれる器なのです。
ですから、毎日お使い下さい。
徳利に花、
皿に剣山をおいて花器、
茶碗に見える自由自在な器、
どんな使い方でも結構です。
毎日お使い下さい。
それが私たちの願いです。

いらっしゃいませ
慶山焼へようこそ

会津慶山焼

身知らず柿の新芽も青々と萌え始めました


・ 会津慶山焼 ・
あいづ けいざんやき

◇営業時間 9:00~18:00  ◇年中無休

〒965-0813 福島県会津若松市東山町石山天寧67
TEL 0242-26-2507 FAX 0242-26-2503
E-mail aizu@keizanyaki.com