会津慶山焼
ろくろがまわる
〒965-0813 福島県会津若松市
東山町石山天寧67

TEL 0242-26-2507
E-mail   aizu@keizanyaki.com
営業時間  9:00~18:00 無休

伝統を大切に受け継ぎ
使い勝手のよい器をつくり続けております
2020.4.8  慶山焼・曲山貴子です。

麗らかな春の陽気です。 会津の桜も一斉に咲き出しまして、 スーパームーンと桜・ 畑の菜の花と桜・桜の向こうに磐梯山など…どこを取ってもジーンと心が温かくなる 桜風景です。 桜の名所も見頃となり、会津五桜のひとつ石部桜や鶴ヶ城・三の丸跡の 小彼岸桜も満開です。春たけなわですね。

外出を自粛されている方には、長期になるため何かと大変と思います。 どうか心穏やかに過ごされますように・・・。 新型コロナウイルスの感染拡大の収束を信じております。


もくじ
陶芸教室
体験学習
■ 慶山焼のネット・ギャラリー ねぎゃら  
■  陶芸教室 自分の作品につつまれた生活
■ 学生のみなさんはこちらへどうぞ  体験学習
■ 工房 企業秘密満載 
■ 慶山焼はどこかな? 地図
■ お問合せ お手紙ピュー
ねぎゃら
工房


慶山焼へようこそ
エール 卯 月 ( 四 月 )

NHK連続テレビ小説「エール」がはじまりました。
物語は古関裕而さんが産声を上げた福島から♪
聞き慣れた福島弁いいですね~
手水鉢

4/8 更新
【 手水鉢・いよいよ本焼きです 】
一月につくりはじめた「手水鉢-ちょうずばち-」。 低温で焼いて、うわぐすり掛けの段階まできました。かなりの大きさですので釉は吹き付けますが、 発色を均一にするため「吹き付け役」「回し役」二人のタイミングが重要、緊張感というよりも和気あいあいとした雰囲気で 無事終了しました。天日で十分に乾かしてからいよいよ窯に入ります。

・手水鉢の制作風景は 2月【 冬の作品づくり ’20 】へどうぞ

施釉
吹墨カップ

4/1 更新
【 吹墨のカップ 】
赤呉須の絵具を息で吹き付ける「吹墨-ふきずみ-」。 満開の桜雲から桜吹雪へと変わりゆく艶姿をイメージしています。
冬場の手仕事でつくったものが窯から一斉にでてまいりました。 今年は色見が濃く一層華やかです。 制作風景は 2月【桜、咲く】へどうぞ。

吹墨マグカップ はこちらです
吹墨フリーカップ はこちらです


ネズミの聖火リレー 弥 生 ( 三 月 )

オリンピック聖火リレーの
スタートはできませんでしたが、、、
平和と幸福の灯は熱く熱く燃え続けます!
一年後を楽しみに。
ビールカップ

3/21 更新
【 モノトーンのビールカップ 】
花より団子、桜の下でいただくと一層美味しく感じられるものですね。 今年はお花見の飲食が自粛ムードにありますので、ちょっと物寂しくも思いますが、、、ならば「じっくり花を愛で、おうちに帰ってゆっくり宴」などいかかでしょうか。
春らしくフレッシュなモノクロームのビールカップのご紹介です。 土もののビールカップは、クリーミーな泡をつくりビールのノド越しがまろやかになります。さらにこの泡がビールの蓋の役目となりますので 時間が経っても味わいが保たれます。 こだわりのビールにお団子、これも結構合います(笑)。

ビールカップ はこちらからどうぞ。

花器

3/1 更新
【 春の器が窯から出ました 】
冬の間につくりはじめた「吹墨」の器が窯からでてきました。 まずは一輪挿しの花瓶です。 春の訪れを待つお庭の枝ものを飾ってみました。これから咲く春の花たちが待ち遠しいですね。

吹墨花瓶 はこちらからどうぞ。


季節の器のご提案 バックナンバーはこちらからどうぞ。

会津慶山焼



・ 会津慶山焼 ・
あいづ けいざんやき

◇営業時間 9:00~18:00  ◇年中無休


〒965-0813 福島県会津若松市東山町石山天寧67
TEL 0242-26-2507 FAX 0242-26-2503
E-mail aizu@keizanyaki.com